土地購入するまえに

土地を購入して建物を建築する場合の費用

土地と法律

土地を購入して建物を建築する場合の費用はどれくらいかかるでしょうか。
土地についてはその土地の地価によって大きく異なります。
ちなみに日本の平均的な坪単価は48万円前後になります。
仮に40坪の土地を購入するならば1920円になります。
これに印紙税、消費税、登録免許税、不動産取得税などの税金がかかります。
次に建物を建築する場合には敷地の広さや使う資材などによって異なります。
40坪程度の敷地であれば30坪ぐらいの建物を建てるのが普通です。
平均的な建物の価格は2200万円と言われています。
これに税金がかかると考えておきましょう。
つまり、40坪の敷地を購入してその上に30坪の建物を建築する場合には4000万円強のお金がかかることになります。
建物の中に外構費用を含んでこの額になります。
これをできるだけ安くするためには、敷地を安くするのは難しいですので建物の形をシンプルにすることや、設備にできるだけお金をかけないことで安くすることが可能になります。

高低差を意識した土地選びのポイント

土地探しの時に気にしておきたいポイントの一つに高低差と言うものがあります。
気に入った土地がみつかったとしても、高低差があると、色々な不具合が生じてくることがあるのです。
例えば、階段や坂を上がって行った所にある土地に家を建てるとなると、移動するのが大変になります。
ここで気を付けたいのは、普段は問題なくても、荷物が多い時や年をとってからだと苦労することになる場合がある、と言うことです。
また、もともと階段がない場合だと、家の玄関へのアプローチ部分として階段を設ける必要が出てきて、工事費用が発生することもあります。
その他、すでに上の方に家が建っており、住人が住んでいる場合には、その下に家を建てることで、上にいる住人から家の様子が丸見えになってしまうこともあります。
また、建物の配置によっては日照にも影響してくるでしょうから、色々と不具合やトラブルが起こらないように意識しておくことが大切になってきます。