土地購入するまえに

お勧めの土地の形状とは

お勧めの土地の形状とは

土地はその形状によって大きく値段が違ってきます。
いくら坪数が大きくても関係ありません。
土地を購入する上で一番大事な点をご紹介します。
1番大事なのは前面道路です。
この道が、私道なのか国道、県道なのか、又幅員は何メートルあるのか。
これが最大の土地の価格を決める要因です。
いくら広くても接している道が狭くて車が入らないようではせっかくの広さでも駐車場をもてない、作れないかもしれません。
そうなると価値は急落します。
買いたいと思うお客さんが少ないからです。
次に形状です。
当然、道に面した整形地が好まれます。
南向き、北向き等で差は出ますが、まずは形です。
三角等は非常にデッドスペースが多く、家を建てるにも影響が出ますし、駐車場を作るスペース取りにも非常に困ります。
これは、いくら道路に面している長さが多かろうが関係ありません。
やはり、万人向けするノーマルなタイプの長方形タイプが好まれますし、購入するならそういった形を選びたいものです。
理想の家も建ちやすく何より、売るときに思い知ることになります。
坪単価が違ってきますので要注意です。
結論、土地を買うなら、前面道路の幅が6メートル程度あり、形状としては長方形のものを選ぶこと。

土地が荒れれば山林となる

近年問題になっている不動産関係の事例では、空き家の問題があります。
空き家になっている大部分が、買い手のつかない物件です。
自治体により条例を作り、空き家対策に取り組んではいますが、思うように進展しない状況です。
空き家の持ち主も、使いもしない空き家物件は、目の上のこぶなのです。
処分したくても処分できないので、仕方なく毎年、固定資産税を払い続けているのです。
持ち主が死に、空き家を相続する人がいなければ、国の所有になってしまいます。
空き家は、ほとんど借地権の付いていない土地の上に立っているので時期が来れば、借地権者に返すこともできずないのです。
空き家が倒壊すれば、荒れ果て草だらけになり、やがて風に飛んできた種により山林のようになります。
しかし、固定資産税はというと、見た目が山林でも地目が宅地なら税金も宅地価格で高いのです。
それでは、土地を更地にして整地して売りだしても、造成費だけかかり売れないとう悲惨な結末になるのです。